メインイメージ
高円寺店
03-3337-7578
永福町店
03-3322-8941
お問い合わせ

腰痛

腰の解剖

椎骨(ついこつ)は頸椎、胸椎、腰椎、仙椎の24椎に分かれます。(図1参照)
仙骨の上に各椎骨が積み重ねられて体重を支えています。
各椎骨の間には椎間板があり、椎骨の衝撃を吸収するクッションの役目を持っています。
全体的に緩やかなS字状をなして衝撃を吸収するようになっています。
反りのない腰は腰痛になりやすく、浅く腰掛けて足を前に出す癖のある人は注意が必要です。

腰の解剖図

腰痛の種類

1:腰椎椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)
腰椎の椎間板が飛び出したのが腰椎椎間板ヘルニアです。
飛び出した先にある神経を圧迫して炎症を起こし、腰から足にかけて痺れや痛みが出てしまいます。
(図の赤丸部分がはみ出した椎間板のイメージです)

youtsui

症状

・腰から足にかけて電気が走ったような痺れや痛みが出る
・咳やくしゃみで激痛が走る
・顔を洗う動作をするとつらい
・同じ姿勢で座るとつらい など

原因

・長時間の座り仕事、背骨の歪みなど
・生まれ持った体質、骨の形などの遺伝的によるもの
・椎間板の老化、骨の老化などの加齢によるもの

2:脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
脊髄が通っている脊柱管が狭くなって慢性的に神経が圧迫されている状態をいいます。

症状

・特徴的な症状として、長い距離を続けて歩くことができません。
・歩き続けると下肢(股関節、ひざ関節、足関節およ足指の部分)に痛みやしびれが出てしまいます。
・しばらく休むと症状が無くなる間欠性跛行(かんびけつせいはこう)があります。
・神経根が障害されると、下肢やお尻にしびれやだるさなどを感じたり、頻尿などの排尿障害や排便障害が起こります。(馬尾症候群)

原因

・加齢による椎間板、椎体や椎間関節などの変形があげられます。

3: 脊椎分離症/すべり症
脊椎分離症は、椎間関節の根元の骨が分離する状態です。
すべり症は椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなり、さらに成長期では椎体が変形したり、壮年期では椎間板が変性するなどして発症します。
腰椎の椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態で、主に第4腰椎と第5腰椎に起こります。

症状

・長時間の立ち仕事での腰痛
・身体をそらす、前かがみになることでの腰痛
・腰痛の他に下肢の痛みやしびれなどの神経症状

原因

・繰り返し腰を曲げたり捻ったりすることで徐々に骨が分離する(疲労骨折)
・成長期に過度のスポーツによる腰への負担

4:骨粗鬆症
年を重ねると骨量が減って骨がもろくなります。スカスカの骨になることで骨折しやすくなります。

症状

・尻もちをついて骨折してしまう。
・軽く転んだり、尻もちをついただけで骨折してしまう。
・骨粗鬆症による椎体骨折により腰痛になる。

原因

・多くは加齢により骨密度が低下するのが原因になります。
・特に女性は閉経による女性ホルモンの低下により骨密度が低下しやすくなります。
・病気で薬を長く服用している場合(ステロイド剤)

5:腰痛症
レントゲンで客観的に原因を特定できない腰痛は全体の70%とも言われています。
原因のハッキリしない物をまとめて腰痛症と呼んでいます。
ちょっとした事が原因で腰が痛くなりレントゲンでもハッキリしないというのがそうです。

6:ぎっくり腰
腰椎がずれてしまい、腰の筋肉が炎症を起こしてしまう腰痛です。 急性腰痛、椎間捻挫とも呼ばれます。腰を曲げたとき、咳をした瞬間に激痛に襲われたなどがそうです。色々な原因が考えられますが腰の筋肉が負担に耐えきれなくなったときに生じる現象だと思われます。

原因

ぎっくり腰の原因は様々です。
・筋肉の疲労
・身体の歪み
・いきなり高負荷な運動をしたとき など

アヤマでの対応

アヤマでは椎骨の性質に基づく分類をしています。鈞製法による方法です。

1型:L1を中心とした動きです。これは主に前後の動きに関係します。つまり腰を前に曲げたときに痛むか後ろに反ったときに痛むかです。これで痛みが強く出れば腰椎1番を中心の可動性欠如を調べる方法です。

2型:L2を中心とした動きです。これは主に左右の動きに関係します。つまり腰を左に曲げたときに痛むか右に曲げたときに痛むかです。これで痛みが強く出れば腰椎2番を中心の可動性欠如を調べる方法です。

3型:L3を中心とした動きです。これは主に左右の回旋に関係します。つまり腰を左に捻ったときに痛むか右に捻った時に痛むかです。これで痛みが強く出れば腰椎3番を中心の可動性欠如を調べる方法です。闘争型とも言われ格闘家が戦うときに斜めに構える姿勢です。この姿勢は泌尿器系に影響します。先日犬のヘルニアでおしっこの出ない犬がきました。病院で排尿してもらっていると言うことでした。L3の調整でヘルニア症状が改善したのですが翌日にはオシッコが出たと話を聞きました。ちなみにL2は消化器系に影響します。

4型:骨盤型とも言います。L4を中心とした動きです。骨盤の開閉に関与し骨盤内臓器に影響します。

5型:これは1型に同じですが裏表の関係でL1が前屈ならL5は後屈に関係すると言った繋がりです。

◎しつこい繰り返す痛み

本当の原因を解消していないので痛みが繰り返すのではないかと考えています。 アヤマでは次のように考えています。

1:骨盤椎骨の歪み・・・足を組む、横座りをする、ソフアーで横寝をする
同じ姿勢を続けると身体に癖が付きます。骨盤の癖が椎骨の歪みを招きます。脊髄神経は椎骨から支配筋肉、内臓へと繋がっていますのでその働きに支障が出やすくなります。内臓の機能低下、筋力の低下などが出てくるのです。

2:脳脊髄液の循環不良・・・神経の栄養不良となり刺激の伝達がうまくいかない
夜寝るときは体温が下がります。不良姿勢で寝る癖のある人は只でさえ循環不良なのに体温低下でより血行が悪くなり身体がこわばる結果となります。起きたときに身体が硬く動作するときしむと言った結果になってきます。

3:筋膜のたわみ・・・筋肉を覆っている筋膜は筋肉の保護と力の補強をしています。
常に同じ姿勢を取り、繰り返す人は同じ筋肉を使います。癖の付いた筋肉は筋膜が同じ方向によじれてきます。癖のある方向に向きやすくなってくるのです。肩こりも同じと考えます。この筋膜のよじれを元に伸ばしてあげると妙にすっきりしてきますので誰でも感じることが出来ると思います。

4:大脳の関与:脳の働きは潜在意識が90%を占めています。皮膚をつねると痛みはそのつねった皮膚が感じていますが大脳が感じて指令を出しています。卵をつかむのにも力の強弱加減からどの筋肉を使うのかどの筋肉で補助動作をさせるのかを瞬間的に計算して無意識の世界を演じています。重い荷物を持つときに身体が耐えられるかどうかを計算しています。
一度痛みを経験するとそれも記憶しています。強い痛みを繰り返すと危険だと大脳が勝手に判断しブレーキをかけてしまいます。身体の保持機能です。生命を保つためには必要です。ただ過剰に働きすぎると困った状態が出てくる場合があります。癖として痛みを早く出してしまうのです。 この場合脳波が異常に緊張しています。この部分を解除させることにより正常に働き始めます。
躁鬱病も前頭葉が異常に緊張しています。触ると前頭骨が盛り上がり筋肉が緊張しているのが分かるはずです。ここにアプローチすればなんとかなるのではないかと考えています。

普通の腰痛は骨盤と脊柱筋肉の局部的筋肉疲労が原因です。
荷物を持ち上げようとして腰を曲げると上半身の重みと腕の重みが一点に集中して限界を超えたときに痛みとなって現れます。腰の曲げる角度により腰椎の1番から5番までとポイントが変わってきます。
アフリカのケニアに住むマサイ族に腰痛がまったくないそうです。
4.5時間続けて腰を曲げて洗濯しても腰は痛くならないそうです。
NHKの「ためしてガッテン」で放映してましたが腰の曲げ方が違うのです。

背筋を伸ばした姿勢は背中の脊柱起立筋が働き特定の筋肉に負担がかからないようなスタイルでした。
土台の骨盤が傾くとその上の椎骨は当然曲がります。垂直にしてバランスを取ろうと曲がってきます。
曲がった特定の椎骨に加重が加わると筋肉の負担が限界を超えて痛みとなってきます。
アヤマでは骨盤に無痛の軽い刺激を与えることで調整しています。
骨盤の調整で上の椎骨は殆ど揃ってきます。さらにに歪みが残っている椎骨があれば最後に調整します。これで腰痛は回復します。
保険内の扱いで骨盤調整をして早く回復して頂けるように 全員努力しています。

アヤマ鍼灸接骨院

高円寺店:東京都杉並区高円寺北3-8-12(JR高円寺駅約4分)
永福町店:東京都杉並区永福1-39-14(京王井の頭線 永福町駅約2分)
Copyright© 2011- アヤマ鍼灸接骨院 All Rights Reserved.