メインイメージ
高円寺店
03-3337-7578
永福町店
03-3322-8941
お問い合わせ

冷え・むくみ

冷え症やむくみは女性の方に多く、体質だとあきらめている方も多いようです。
冷え症やむくみは、血液の循環や代謝を良くすることで改善ができます。

症状

・夏でも手足の先が冷たい
・血行が悪く疲れやすい
・指先やつま先が冷たくて眠れない
・ちょっと寒い所にいただけで体調を崩す
・夕方になると足がむくむ
・ふくらはぎが重くてだるい

原因

・冷え症の原因の1つとして、身体のすみずみまで血液が行き届かないことがあげられます。
冷え症だという人のおよそ90%が自律神経の乱れが原因だと言われています。
・成人は約60~65%が水分です。むくみは、その水分が排泄されずに皮膚や皮下組織に
蓄えられている状態です。長時間同じ姿勢をとったり、冷え症の方はむくみになることが多いです。

寒くなると手足が冷たく、寝るときも靴下をはくくらい寒いですね。

冷え症は子供は顔は汗をかいても手足が冷たくて芯から冷たいといった感じです。
体温は筋肉と肝臓が関与します。筋力の少ない女性の方が冷え症が多いのはそのせいでしょうか。
手足、特に下半身の冷えはつらいものがあります。
股関節の下をだいたい動脈が通っています。股関節の歪みが血液の流れを悪くして冷えが生じる場合が多いようです。この場合は股関節の調整運動が効果があり、7分ほどで暖かくなり改善してくるのがわかります。
血管が皮膚表面に出てくるのは膝関節、足関節、指関節の関節部分ですが、ここで上半身からの血液は順次冷やされていきます。ですから指先ほど冷えが強くなってきます。
ほとんどの場合、間接の狂いが絡んでいますので、簡単には改善しません。

下腹部の冷え、これは殆ど感じにくいのですが仙骨部の冷えがこる骨盤内部を冷やし生理不順、下腹部痛、頻尿の症状として出てくることが多いようです。
腸の冷えは湿疹、肌荒れ、シミを造るようです。皮膚の荒れ、しみ、湿疹は腸の内壁粘膜の状態を表します。皮膚表面を手当しても効果が出にくい原因となっています。研ぎ澄まされた指先の感覚はその因果関係を見つけ出すのです。

生理痛、生理不順
イライラ、頭痛、下腹部痛と男性には理解不能な女性特有の不定愁訴(ふていしゅうそ)です。毎月同じ痛みの人は少ないようです。隔月に調子が悪くなるようです。これは股関節の不具合などによる卵巣、子宮の血液循環不良に引き起こされる現象のようです。初期段階の痛みだけの場合は、股関節の運動だけで早期に改善できます。痛みのある下腹部側の下肢を最大限より少し戻した角度に開き、かかとを水の入った1リットルのペットボトルでかかとをゆっくり叩打します。その響きが骨盤に響くような気持ちで叩打します。その響きが骨盤に響くような気持ちで叩打すればすぐに痛みは止まります。

下半身の冷え性は股関節以下の血行不良と考えますので 股関節の調整運動と各部分の関節調整を主体に行っていきます。問題は冷え性と認知していない男性の食事改善が困難です。女性は冷え性を実感として感じているので理解が早いのですが男性はそれと認めない傾向が強いのです。冷たいビールをやめようとしない。お腹の冷えから来る下痢も認めません。毎日の食事と取りくまないと難しいのです。

アヤマ鍼灸接骨院

高円寺店:東京都杉並区高円寺北3-8-12(JR高円寺駅約4分)
永福町店:東京都杉並区永福1-39-14(京王井の頭線 永福町駅約2分)
Copyright© 2011- アヤマ鍼灸接骨院 All Rights Reserved.