メインイメージ
高円寺店
03-3337-7578
永福町店
03-3322-8941
お問い合わせ

腰の痛み(大脳の調整)

腰の痛みは色々ありますが原因不明と言われているのが80%らしいのです。つまり検査の結果病状を把握で出来ないということです。

治療者は痛みがあるときは、ここの痛みの場合、このようにすれば回復するであろうという経験則で治療に当たっていると言うことです。

経験則ですから結果オーライで痛みが取れれば良いのです。

問題があります、原因が分からないと経験が通用しない事例が生じたときや、何か急変が生じたとき等です。

そもそも身体の筋肉の動きを全て意識できるのでしょうか。例えば身体を捻るときに腹斜筋が動いて股関節のどの筋が働いて大臀筋が協調して等

何も考えていません。只、からだを捻ろうと考えるだけです。あとは大脳の潜在意識の働きに委ねているだけです。

骨盤の歪みも、脊柱の歪みも大脳が支配しているのです。痛みが強いときは大脳も興奮してその存在をアピールしますが長期間続くと刺激に麻痺しあまり異常をキャッチしなくなります。でも脳の刺激が続く結果、脳が局所疲労おこしてきます。だから不良姿勢は痛みを感じないのです。

強烈な痛みの時脳は強制的に動きの中止命令を出します。ビキッツ!とくるあの痛みです。
痛みが少なくなっているはずです。楽に動かせるまで繰り返せば良いのです。弾みをつけてはいけません。

痛みの原因は足を組む癖があったり、横座りの癖があったり、横になって寝たりと生活の癖が身体に染み付いてチョットした弾みで、筋肉のの限界を超えてしまったということになります。新聞を取ろうと腰を曲げた、何か持ち上げた、それで痛くなったのはきっかけです。骨盤、脊柱の歪が支えていた筋肉の限界を超えてしまった結果です。
寝そべって本を読んでるあなた、足を組むあなた、気をつけましょう。

アヤマ鍼灸接骨院

高円寺店:東京都杉並区高円寺北3-8-12(JR高円寺駅約4分)
永福町店:東京都杉並区永福1-39-14(京王井の頭線 永福町駅約2分)
Copyright© 2011- アヤマ鍼灸接骨院 All Rights Reserved.